吹田市 塀の塗装工事 日本ペイントジキトーンセラ:施工事例|外壁塗装を大阪府吹田市周辺でお考えの方は進和リフォームへお任せください!

施工事例

吹田市 塀の塗装工事 日本ペイントジキトーンセラ

壁の塗装と一緒についでに塗装してほしいとのご依頼でした。

現状はひび割れがひどく、大きなクラックが2ヶ所あり内部にまで届いてるほどのひび割れでした。
また外装も経年劣化が進んでおり、色が褪せている状況でしたので新たに塗装したいとのご希望でした。

工事内容 部分塗装・吹付塗装・シーリング
リフォーム期間 7日間
価格 約20万円
市町村名 吹田市

このような大きな目立つクラックがあるので、
まずすることはクラックをU字カットでカットします。

サンダーといわれるコンクリートを削る機械で
切り口がU字になるように削っていきます。

このようにいりいり口を大きくカットすることにより、
この後に補強するシーリング材が中に入りやすくします。

入口が狭いままだとシーリング材が奥まで行き届かず、
またひび割れする原因になる可能性が高いのです。

次にU字にカットした部分にシーリング材を補填していきます。

シーリング材の補填が完了しました。
線に沿ってしろくなっているのが分かります。

シーリング材が乾くのを1日待ちます。
次に行うのが塀の下塗り材の塗布です。シーラーとも呼ばれます。
シーラーの役割は細かいひび割れを埋めたり、
その上に塗装する塗料の接着性を高くしてくれます。

次に塗装するのは吹付という方法なので、
塀の養生をしっかりしていきます。

養生は道路に敷き詰めるほど大きめに伸ばしていきます。
スプレーで塗布するので遠くまで飛散する可能性がある為です。

ここから塀に吹き付けしていきます。
塗料は日本ペイントのジキトーンセラを使用。

まず中塗りで表面を塗布し、良く乾かすために1日空けて
上塗りを塗布していきます。

上塗りで表面の模様が決まるので、
慎重に均等に吹いていく必要があります。

板をつかって上に飛散しないように天端を吹き付けています。
天端は上に柵が付いているので施工が難しく
養生で汚れないようにするようにする必要があります。

最後の日にクリヤーを吹き付けて完成になります。
クリヤーを塗布する事でコーティング効果があるので
塀に耐久性が向上し、ツヤもかかるので見た目がより綺麗に見えます。

雨で中止になった日を除いて、工期は7日程度で完成しました。
塀に使用したのはホワイトシーラー・ジキトーンセラ
ジキトーンUクリヤーの3種類です。

高級感ある塀に仕上がり施主様も大変喜ばれていました。



失敗しない塗装工事・7つの防衛策

外壁塗装会社案内カタログ

どんな工事をしているの?

施工事例

吹田周辺の施工事例
豊中周辺の施工事例
箕面周辺の施工事例
茨木周辺の施工事例
神戸周辺の施工事例

リフォーム看板

お問い合せ 無料見積もり依頼