東大阪市で3階建て住宅の外壁塗装と屋上防水工事で雨漏りも解消:施工事例|外壁塗装を大阪府吹田市周辺でお考えの方は進和リフォームへお任せください!

施工事例

東大阪市で3階建て住宅の外壁塗装と屋上防水工事で雨漏りも解消

東大阪市にある3階建て住宅で、ラジカル制御型塗料を使用した外壁塗装工事と屋上のシート防水工事を約300万円で施工させていただきました。3階の一室で雨漏りが発生しています。20年ほど前に弊社で一度外壁塗装工事を行っていますが、屋上のメンテナンスは行っていません。前回の塗装から20年経っていますのでメンテナンスの時期は大幅に過ぎているため外壁にはクラックが発生しており、基礎部分にも大きなクラックが発生していました。更に屋上の劣化も酷く雨漏りは屋上からと思われます。

工事内容 前塗装時から随分経ったので外壁塗装を考えている。とご連絡がありました。 こちらの現場は弊社で20年前に外壁塗装を行っている現場ですが、 現場調査に伺ってみると3階一室で雨漏りの跡が確認できたため、 足場架設後に屋上の点検を行うと、屋上がかなり劣化していました。 その為、外壁塗装と同時に屋上の防水工事も行うこととなりました。
リフォーム期間 14日間
価格 約300万円

ALC外壁の塗装工事と屋上防水工事を行います

今回ご紹介するのは、東大阪市にある3階建て住宅の外壁塗装工事と屋上防水工事の施工事例です。外壁にはALCが使用されており、屋上には太陽光温水器がありました。外壁や基礎部分にはクラックが多数発生しており、屋上も笠木、パラペット部分の劣化が激しいため左官補修が必要です。施工前は3階の一室で雨漏りの跡がありましたが、雨漏りの原因は、この酷く劣化した屋上からだと思われます。
自宅を建てられてから行ったメンテナンスは20年前に弊社で行った外壁塗装工事のみとの事でしたので全体的なメンテナンス不足が原因です。

ALC外壁は軽量で耐火性・耐久性・断熱性が高い優秀な外壁材です。

ですが、1枚1枚パネル状になっておりそれを組み合わせている為どうしても多数の目地があり、目地部分にはクラックが発生しやすいです。

その為サイディング外壁同様に定期的なシーリング工事が必要なのですが、20年前からなんのメンテナンスも行っていないとの事でしたので目地部分などに多数のクラックが発生してしまっていました。
基礎部分にも大きな亀裂が入っており、地震の影響も考えられます。

鉄部の劣化もなかなか酷いです

玄関上の庇部分、ベランダの鉄部の劣化も酷く錆だらけでした。

鉄部の塗装は5年サイクル事に行うのが理想的ですが、今回はすでに20年経過してますので、下地調整に手間がかかります。

3階一室では雨漏りの形跡が

3階の一室では雨漏りの形跡がありました。

こちらは屋上の真下ですので、雨漏りはお屋上の劣化が原因でしょう。

屋上の施工前の状態

こちらの建物が建ってから一度もメンテナンスしていない屋上では、パラペット・笠木に大きな亀裂が入っています。

3階の部屋の雨漏りはこの箇所からの可能性が高そうです。

ドレンは花壇、温水器はジャッキアップの必要あり

屋上には縦型ドレンが3箇所ありましたが、1箇所は完全に花壇の様になってしまっていますね。こうなってはここのドレンに正常な排水機能はありません。

更に屋上には太陽光の温水器が設置されていた為、お駆除う防水に取り掛かる際はジャッキアップしなければなりません。
ジャッキアップ代の追加費用が約3万5千円程かかります。

外壁のシーリング工事、クラック補修を行います

サッシ廻りと外壁目地にシーリングを増し打ちしていきます。
サッシには養生を行い材料がサッシに付着するのを防止しています。

今回使用するシーリング材はノンブリードタイプの物を使用するため塗装前にシール工事を行っても問題はありませんが、ノンブリードタイプではないシーリング材を使用する場合は、必ず塗装後にしか施工できないので注意が必要です。

↑ シーリング充填中

シーリング材を専用のガンを使用して充填していきます。

↑ 充填直後

充填直後は凸凹がありますので、それを均一に均します。

シーリング工事と並行して、外壁・基礎のクラックを補修し、高圧洗浄を行い下地調整工事が終了し塗装作業に移行します。

屋上は塩ビシート絶縁工法で施工します

屋上はパラぺット、笠木部分の補修工事を行ってから全体に塩ビシートを使用した絶縁工法で防水工事を行います。塩ビシート絶縁工法の私大の特徴は「下地の状態を選ばない」という点ではないでしょうか?
絶縁工法では、直接下地にシートを密着させない為、下地の状態が多少悪くても施工が可能です。下地の状態が防水性に影響することもありません。

~シート防水の絶縁工法は熱密着がメイン~

主にシートを密着させる方法はディスクヒーターとライスターという機械を使用して熱でシートを溶かして密着させる方法がメインです。
まず初めに下地調整を行い、絶縁シートを全体に敷き詰めます。
その絶縁シートにディスクと呼ばれる部材を取り付けたら塩ビシートを敷き、先に取り付けたディスクを熱で温めて塩ビシートを密着させます。

シート防水は施工方法が複雑

ドレンには改修用ドレンを取り付けます。入隅・出隅には鋼板が取り付けられており、複数のシートがぶつかり合うため、その分繋ぎ目が多くなります。

繋ぎ目は雨水の侵入箇所になりやすいので、更に上からコーナーパッチと呼ばれる丸くカットされた塩ビシートをライスターで溶着します。

~屋上のメーカー保証~
屋上防水には使用した防水材メーカーからの保証が10年付いています。この保証はメーカーが指定した通りに正しい材料を使用し、正しい施工方法で施工されていないと有効にならないので注意が必要です。可能であれば防水工事の様子もご自身の目で確認すると安心ですね。更にトップコートを5年毎に塗る事で20年は耐久が可能です。

外壁と鉄部の塗装に入ります

外壁塗装にはラジカル制御型塗料を使用します。
下塗りには既存のクラックの保護を目的とした微弾性フィラーを使用、上塗りには日本ペイントのパーフェクトトップを使用します。

~外壁の下塗りと鉄部の錆止め塗装~
↑ 外壁下塗り

外壁の下塗りと鉄部の下塗りを行います。

鉄部は事前に下地調整としてケレンを行い、落とせる錆を落とし細かな傷をつけ塗料の密着性を上げる作業を行っています。
下地調整が終了したら下塗りとして、錆止めを塗っていきます。
外壁の下塗りには日本ペイントから出されている
「アンダーフィラー弾性エクセル」という微弾性フィラーを使用。
なみがた仕上で塗っていくので砂骨ローラーを使い塗っています。なみがた仕上の場合は厚塗りが出来るのでしっかりとした塗膜の厚みを確保でき、耐久性もあがります。

外壁の中塗りと上塗り

↑ 外壁中塗り

次に外壁の中塗り⇒上塗りを行います。
上塗り塗料には下塗りと同様、日本ペイントから出ている
「パーフェクトトップ」というラジカル制御形塗料を使用。
こちらも刷毛とローラーを使用して塗装していきます。
パーフェクトトップの耐用年数は18年です。
弊社からの保証は7年付させていただいております。

~鉄部の上塗り~

鉄部の上塗りの様子です。
鉄部はこげ茶色で仕上げました。

鉄部のメンテナンスは5年毎に行うのがベストです。
定期的にメンテナンスをすることにより下地調整費が抑えられ
全体的な工事費用も安く抑える事が可能となります。

完工!!

こうして無事に外壁塗装工事と屋上防水工事が終了しました。
途中、雨が続いたことなどもあり、予定よりも工期が少し伸びてしまいましたが、無事に終了して一安心です。雨漏りもとまり、お客様にもご満足いただけました!


【工事内容のまとめ】
足場架設工事:約39万円
下地調整工事:約45万円
外壁塗装工事:約99万円
付帯部塗装工事:約15万円
屋上防水工事:約85万円
       以上工事総額:約300万円(税込)



失敗しない塗装工事・7つの防衛策

外壁塗装会社案内カタログ

どんな工事をしているの?

施工事例

吹田周辺の施工事例
豊中周辺の施工事例
箕面周辺の施工事例
茨木周辺の施工事例
神戸周辺の施工事例

リフォーム看板

お問い合せ 無料見積もり依頼