堺市堺区にある長期間メンテナンスしていない外壁をリフレッシュ:施工事例|外壁塗装を大阪府吹田市周辺でお考えの方は進和リフォームへお任せください!

施工事例

堺市堺区にある長期間メンテナンスしていない外壁をリフレッシュ

堺市堺区にある120万円で外壁改修工事を行った木造住宅ですが、施主様は築年数を把握しておらず施工前の外壁のモルタルは剥落している個所も多数あり、酷い状態です。見たところゆうに30年は経過していると思われますが、特徴的だったのがモルタルの仕上げ方法です。近年ではあまり見ることのない掻き落とし仕上げという方法で仕上げられており、それだけでも築年数がかなり経っていることが伺えます。モルタルの一部復旧工事を行いラジカル制御型塗料を使用して塗装を行いました。この工事のお問い合わせは0120-920-841

工事内容 昨年の地震と台風で屋根の瓦が飛んでいき雨漏りしていて困っている。 と弊社にお問い合わせがありました。現場調査に伺うと屋根もさることながら 外壁の状態もかなり酷く屋根工事と一緒に外壁工事も行うことになりました。
リフォーム期間 12日間
価格 120万

築年数不明のメンテナンスされていない木造住宅

今回ご紹介する工事は、堺市堺区にある築年数不明、木造住宅の外壁改修工事です。現場調査で見た限り築年数は軽く30年は超えているものと思われ、外壁、屋根ともに酷い状態でした。屋根はまだ着工していない為さきに外壁改修工事を行いましたのでご紹介していきます。

~施工前の状態。時代を感じる造り~

↑ 施工前、裏面

こちらの住宅は外壁がモルタル、屋根がS瓦で造られています。特徴的なのは外壁の仕上げ方法で、近年ではあまり見られない「掻き落とし仕上」という仕上方法で施工されていました。

この掻き落とし仕上と言うのは左官職人がモルタルを塗りつけた後完全に乾く前の適切なタイミングで剣山のような道具で粗面に仕上げる方法でこの仕上方法は塗装屋の仕事ではなく完全に左官職人さんの技術です。 昔はこの掻き落とし仕上の外壁とS瓦の組合せが流行った時期もあります。ですが近年ではやはり、塗膜による保護が無い分耐久性に欠けることから、新築でこの仕上方法をわざわざ選ばれる方はいないでしょう。 その為掻き落とし仕上の外壁は築年数が相当古いと考えられます。

至るところで重度の劣化症状が・・・

外壁には至るところにクラック、モルタルの浮きなど重度の劣化症状が確認できました。一度もメンテナンスを行っていないとの事で塗膜だけでなくモルタル自体もかなり劣化し、脆くなってしまっているものと思われます。

外壁は一部を剥がし新しいモルタルを塗り直し復旧する必要があります。クラックの補修なども行わなければなりませんので、下地調整に手間がかかります。

その分費用も高くついてしまいますが、放置しておくわく訳にもいきませんので今回の工事で全てしっかり補修し、塗装もしっかり行っていきましょう!

足場架設後に左官工事からスタート

足場を仮設した翌日から外壁の復旧工事がスタートしました。
まずは復旧する箇所のモルタルを撤去していきます。

浮いてる箇所を手作業で剥がしていきます。モルタルを剥がす作業だけでも4人で半日かかりました。

下地ラス網の張り直し

外壁の撤去が終了したら下地の防水紙、ラス網を貼り直します。モルタル外壁はモルタルの下に防水紙があり、その上にラス網があります。

このラス網にモルタルを塗り付けていきますが、外壁が劣化し雨水が壁内に侵入し、このラス網が錆びている場所はラス網の交換から行わなければなりませんので費用もかさみます。

モルタルの下塗り

ラス網を貼り直したら、下塗り用のモルタルをラス網にしごいていきます。この工程は仕上用のモルタルの密着性を上げるために行い、下塗り用モルタルが完全に乾燥するまでには半日~1日程度かかります。

~モルタルの仕上げ塗り~

下塗り用のモルタルが乾いたら仕上用モルタルを塗っていきます。

下地調整の左官工事だけで丸3日もかかりました。

クラックも同時に補修しています

外壁の復旧工事と同時に外壁に発生しているクラックの補修も行っていきます。クラックはサンダーでUカットしコーキングを充填させたモルタルで塞ぎます。コーキング充填までしか行わないが場合もありますが状況と予算によって変わります。さほど金額も変わらないので可能ならば左官補修まで行った方が安心です。

~外壁復旧とクラック補修が終了したら高圧洗浄~

外壁の復旧とクラックの補修が終了したら高圧洗浄を行います。表面の塵などを水で洗い流し塗料の密着性を高めます。

この高圧洗浄で全ての汚れを落とせるわけではなく、あくまでも塗料の密着性を高める為に行う工程です。

~外壁塗装スタート~
こうして下地調整が全て終了したら外壁塗装に移ります。

雨戸の吹付塗装

↑ 塗装前

雨戸は一度外し、吹付塗装で塗装します。

↑ 錆止め塗布後

ケレンを行い錆止めを塗布します。

↑ 上塗り終了後

そして、上塗り塗料を塗布します。今回はチョコレート色で仕上げました。

外壁塗装

通常外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが基本です。ですが、今回は4回塗りしなければなりませんので工程が通常よりも多いです。掻き落とし仕上の外壁の場合経年劣化具合によっては塗料の吸い込みが激しいため下塗りの前に1度水性カチオンシーラーを塗り、ボロボロの下地を固める必要があります。

今回はかなり下地の状態が悪く、通常使用する塗料の倍の量を使用しました。それほど塗料の吸い込みが激しいということですね。

~下塗り(微弾性フィラー)~

水性カチオンシーラーを塗り下地がしっかり固まったら下塗りです。今回は日本ペイントの「パーフェクトフィラー」という下塗り材を使用。
弊社でモルタル外壁を塗装する際に使用する下塗り材は日本ペイントの「アンダーフィラー弾性エクセル」という下塗り材が多いです。
どちらも同じ微弾性フィラーではありますが、今回使用した下塗り材はエクエルの改良品で作業性が高く塗りやすいという特徴があります。持っている性能や特徴は同じで、既存のクラックの保護、進行防止に長けています。砂骨ローラーを使用し、なみがた模様に仕上げることで塗料をたっぷり塗れるので塗膜の厚みも確保でき、下地が劣化していてもしっかりと塗膜で保護してくれるでしょう。

中塗り・上塗り(ラジカル制御型塗料)

下塗りが終了したら、中塗り・上塗りを通常通り行います。今回は日本ペイントの「パーフェクトトップ」というラジカル制御型塗料を使用。独自開発した機能により、低価格、高耐候、高耐久を実現した近年人気の塗料です。

防藻防カビ機能もある為、今回の現場の様に樹木が沢山ある環境にも適しています。耐用年数は14年で弊社からの保証は7年間お付けして施工させていただきました。

外壁塗装終了

↑ before

↑ after


こうして外壁改修工事が無事終了しました。屋根の工事も行いますが未だに台風と地震の影響から、瓦職人が足りず、着工出来ずにいますので、また後日屋根の工事の様子はご紹介いたします・・・

外壁を膨張職の白で仕上げたことにより遠めに見ると少し建物自体が大きくなった様にみえますね!上品な印象に仕上がりました。屋根の工事は葺き替えではなく現在の瓦を使用した復旧工事の為全体のイメージは今とさほど変わらないかと思います。


■今回の工事の詳細まとめ■
今回行った工事の詳細をまとめました。
【外壁改修工事】
足場架設工事:約23万円
下地調整工事:約26万円
外壁塗装工事:約47万円(4回塗り耐用年数14年保証7年)
付帯部塗装工事:約18万円
          工事総額:120万円



失敗しない塗装工事・7つの防衛策

外壁塗装会社案内カタログ

どんな工事をしているの?

施工事例

吹田周辺の施工事例
豊中周辺の施工事例
箕面周辺の施工事例
茨木周辺の施工事例
神戸周辺の施工事例

リフォーム看板

お問い合せ 無料見積もり依頼